千鳥ヶ淵緑道(千鳥ヶ淵)
 千鳥ヶ淵緑道(千鳥ヶ淵)
 千鳥ヶ淵緑道(千鳥ヶ淵)

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
九段下駅から徒歩3分、半蔵門駅から徒歩5分の「千鳥ヶ淵緑道」。ここは靖国通りから北の丸公園に沿って整備された、700メートルにも及ぶ遊歩道です。通りにはソメイヨシノをはじめとする約260本もの桜の木が植えられ、3月下旬から4月上旬にかけて鮮やかに咲き誇る桜を望むことができます。

INFORMATION基本情報

  • 所在地東京都千代田区三番町2先
  • 営業時間千鳥ヶ淵ボート場は3月1日から11月30日までの11:00~17:30
    ※営業時間は、時期によって異なります。
  • アクセス都営新宿線 東京メトロ東西線・半蔵門線「九段下駅」2番出口より徒歩3分
    東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」5番出口より徒歩5分

260本もの桜が咲き誇る、日本有数の桜の名所である千鳥ヶ淵緑道

#

区営の「千鳥ヶ淵ボート場」があり、お堀の水面から桜を仰ぐことも。料金は通常期30分500円、60分1,000円。なお、観桜期は30分800円、60分1,600円で利用することができます。連なる木々の枝から一斉に花を咲かせる桜は下から覗くとさらに大迫力。「千代田のさくらまつり」の期間中、夜はライトアップされるため、水面に映る幻想的な桜を眺めることもできます。

  • #
  • 「千鳥ヶ淵緑道」のある千鳥ヶ淵は江戸開府当時、水を確保するためのダムとして機能していました。麹町から流れる小川をせき止めることで水源を確保し、江戸城創成期には本丸と西の丸の間を通って日比谷入江(現在の日比谷公園あたり)に流れ込んでいたと言われています。ちなみに、千鳥ヶ淵の名の由来は冬に都鳥などが多く集まる点からきているという話や、V字型の濠が千鳥に似ている点からきているという話など諸説あるようです。
#

また、隣接する「北の丸公園」でも四季折々の花々と出会え、季節の移り変わりを感じることができます。さらに近隣には江戸城跡や桜田門などの歴史的建造物、科学技術館や東京国立近代美術館など文化的施設も。

豊かな自然に囲まれながら、充実した一日を過ごしたい人はぜひ一度「千鳥ヶ淵緑道」を歩いてみてはいかがでしょうか。

ライブカメラで千鳥ヶ淵の様子がご覧いただけます。 ※YouTubeに移動します。

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント