【終了しました。】

slider
slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
東京国立近代美術館

イベント開催期間

  • 03
    March
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  

INFORMATION基本情報

日時 2021年3月23日(火) ~ 2021年4月11日(日)(各展覧会については~5月16日まで)
10:00~17:00(金・土は20:00まで)(企画展「あやしい絵展」は9:30開場)
※入館は閉館30分前まで 
休館日 月曜日(3/29は開館)
場所 東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)
アクセス 「竹橋駅」1b出口・徒歩3分
「九段下駅」4番出口・徒歩15分
「神保町駅」1A出口・徒歩15分
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)
ウェブサイト https://www.momat.go.jp
チケット購入方法・詳細はホームページよりご確認ください

美術館の春まつり

あなたの今日が咲きますように。

#

船田玉樹《花の夕》1938年

皇居や千鳥ヶ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地していることから、桜の開花に合わせて、「美術館の春まつり」を開催します。桜が描かれた重要文化財、川合玉堂《行く春》を年に一度、この時期だけ公開するほか、花を描いた春らしい作品が会場の一室に並びます。また、日本画、洋画、海外作品など選りすぐりの約200点を3フロアにわたってご覧いただけます。美術館で味わう春を、どうぞご堪能ください。
 

  • #
    前庭の様子(2018年撮影)
  • 床几台によるお休み処
    桜を見ながらひと休み。
    美術館前庭にお休み処をご用意。

    春らしいオリジナルグッズ
    ミュージアムショップでは春らしいオリジナルグッズを販売。
  •  


 

開催予定の展覧会

2021年3月23日(火) ~ 2021年5月16日(日)

所蔵作品展「MOMATコレクション」 4F-2F 所蔵品ギャラリー  
企画展「あやしい絵展」  1F 企画展ギャラリー
コレクションによる小企画「幻視するレンズ」 2F ギャラリー4

#

跡見玉枝《桜花図巻》(部分)1934年

所蔵作品展「 MOMATコレクション」
明治から現代まで100年を超える日本美術の流れがご覧いただける所蔵作品展「MOMATコレクション」では、13,000点を超える所蔵作品の中から選りすぐりの約200点を展示、岸田劉生や安井曽太郎、セザンヌなどおなじみの作品が並びます。年に一度 、この時期にだけ桜を描いた重要文化財、川合玉堂《行く春》を今年も 公開します。

所蔵作品展「 MOMATコレクション」詳細はこちらからご覧いただけます
https://visit-chiyoda.tokyo/app/event/detail/391

展示名                     観覧料
MOMATコレクション             
 
⼀般:500円、大学生:250円
※金・土の17:00以降:一般300円、大学生:150円
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその付添者は無料             

 


企画展「あやしい絵展」
明治期、美術は西洋からの刺激を受けて、新たな時代にふさわしいものへと変化していきました。本展では、幕末から昭和初期に制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図などから、退廃的、妖艶、グロテスク、エロティックといった「単なる美しいもの」とは異なる「あやしい」表現をご紹介します。

企画展「あやしい絵展」詳細はこちらからご覧いただけます
https://visit-chiyoda.tokyo/app/event/detail/383

展示名 観覧料
あやしい絵展                 ⼀般:1,800円、大学生:1,200円、高校生:700円
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者は無料
※観覧当日に限り、本展観覧料で美術館の全展示(所蔵作品展「MOMATコレクション」小企画「幻視するレンズ」)をご覧いただけます


 

コレクションによる小企画「幻視するレンズ」
人の眼とは異なる「機械の眼」であるカメラは、写真家の想像力と結びつくとき、眼の前の現実に幻想的な世界への扉を開くことがあ ります。 写真のもう一つの側面を探る特集です 。

展示名 観覧料
幻視するレンズ          所蔵作品展「MOMATコレクション」の観覧料でご覧いただけます

※企画展「あやしい絵展」の観覧料で入館当日に限り、所蔵作品展「MOMATコレクション」、コレクションによる小企画「幻視するレンズ」もご覧いただけます。
※所蔵作品展「MOMATコレクション」の観覧料で入館当日に限り、コレクションによる小企画「幻視するレンズ」もご覧いただけます。
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、開館時間・開催内容等変更する可能性がございます。



 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント