皇居・東京駅・日比谷 イベント 【出光美術館】奥の細道330年 芭蕉

slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
出光美術館 企画展

イベント開催期間

  • 08
    August
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

INFORMATION基本情報

日時 2019年8月31日(土)~9月29日(日)  
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
毎週金曜日は19:00まで(入館は18:30まで)
休館日 毎週月曜日(ただし9月16日、9月23日は開館)
会場 出光美術館
(東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階 出光専用エレベーター9階)
アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩5分
有楽町線「有楽町駅」、三田線「日比谷駅」B3出口・徒歩3分
日比谷線、千代田線「日比谷駅」
有楽町線方面 地下連絡通路経由 B3出口・徒歩3分
入館料 一般1,000円/高・大生700円 (団体20名以上 各200円引) 、中学生以下無料 (ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です
列品解説 9月5日(木)、9月12日(木)、9月19日(木)いずれも午前10時30分より
9月6日(金)、9月13日(金)、9月20日(金)いずれも午後6時より
主催 出光美術館、読売新聞社
お問合せ先 ハローダイヤル (展覧会案内) TEL:03-5777-8600
ホームページ http://idemitsu-museum.or.jp/

奥の細道330 芭蕉
330 Years since Oku no Hosomichi, The Narrow Road to the Deep North The World of Bashō

 江戸時代前期に活躍した俳人・松尾芭蕉(1644-94)は、元禄2年(1689)3月下旬に江戸を出立して、松島・平泉を巡り、出羽の各地を遊歴しました。その後、越後・越中・加賀・越前を経て、8月下旬に美濃大垣へと至ります。この旅をもとに、元禄7年(1694)の4月に紀行文『おくのほそ道』が編まれました。
 今年は、芭蕉が奥の細道の旅に出て330年。これを記念して、芭蕉の書画や芭蕉を敬慕する者たちの作品を展示し、俳諧にまつわる美術をお楽しみいただく展覧会です。

  • #

    発句画賛「野をよこに」
    賛/松尾芭蕉 画/森川許六 江戸時代 出光美術館

  • #

    発句自画賛「はまぐりの」
    松尾芭蕉 江戸時代 出光美術館

 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント