松の廊下跡

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
本丸跡左手、現在は木立となっているところに、本丸大広間と白書院(将軍との対面所)を結ぶL字形の廊下がありました。ここが「忠臣蔵」で有名な「松の廊下」です。

元禄14年(1701)3月14日、赤穂藩主の浅野匠頭長矩が高家衆筆頭の吉良上野介義央に斬りかかる刃傷事件が起きた場所です。

上野介は軽傷でしたが、殿中での刃傷はご法度であったので、内匠頭はその日のうちに切腹となりました。その後、赤穂藩は取りつぶしとなり、家臣たちは浪士となりました。

一方、上野介には御咎めはなく、お家の再興も退けられた浪士が大石内蔵助の頭に亡君の仇討を計り、元禄15年(1702)12月15日に吉良邸に討ち入り本懐を遂げました。

この事件の発端となった、松の廊下は本丸で二番目に長い廊下といわれ、西へ約19メートル、北へ約31メートル、幅は約5メートルであったと伝えられています。障壁画に「松」を主題にした絵が描かれていたことから「松の大廊下」と呼ばれていました。

INFORMATION基本情報

  • 所在地皇居東御苑内
  • アクセス東京メトロ大手町駅

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント