皇居・東京駅・日比谷 イベント コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画

slider
slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
東京ステーションギャラリー企画展

イベント開催期間

  • 04
    April
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

INFORMATION基本情報

日時 2021年4月24日(土)~ 6月27日(日)
10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日(5/3、6/21は開館)
場所 東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1-9-1)
アクセス JR東京駅 丸の内北口改札前
観覧料
チケット購入
一般:1,200円、高校・大学生:1,000円、中学生以下無料
※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
※チケット購入方法の詳細はホームページよりご確認ください
※会期中、一部展示替えがあります(前期=4/24~5/23、後期=5/25~6/27)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催内容が変更になることがあります
主催 東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)
お問合せ先 TEL:03-3212-2485
ホームページ https://www.ejrcf.or.jp/gallery/

コレクター福富太郎の眼

昭和のキャバレー王が愛した絵画

 
  • #

    池田蕉園《宴の暇》1909年
    福富太郎コレクション資料室

  •  

キャバレー王の異名を取った実業家福富太郎は、一方で少年期に興味を持った美術品蒐集にも熱中し、コレクター人生も鮮やかに展開させました。鏑木清方の美人画を手はじめに蒐集をスタートさせますが、自らが良質であると信じれば求め、蒐集の幅を広げていきました。福富コレクションは各地で開催された日本近代美術の展覧会となって紹介され、コレクションの質の高さと福富太郎の見識の高さを物語っています。本展は、作品を追い求めた福富太郎の眼に焦点をあてて、美人画だけではない、類稀なるコレクションの全体像を提示するはじめての機会となります。

 

  • #

    川村清雄《蛟龍天に昇る》1893年
    福富太郎コレクション資料室

  • #

    高橋由一《小幡耳休之肖像》1872年
    福富太郎コレクション資料室

福富コレクションには、明治初期の洋画に始まり、時代の空気を映し出す風俗画や戦争画など多彩な作品が含まれています。

 

  • #

    岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908年
    福富太郎コレクション資料室

  • #

    満谷国四郎《軍人の妻》1904年
    福富太郎コレクション資料室

     

 鏑木清方の作品十数点をはじめとする優品ぞろいの美人画にはじまり、洋画黎明期から第二次世界大戦に至る時代を映す油彩画まで、魅力的な作品80余点をご紹介いたします。



 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント