【終了しました。】

slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
東京国立近代美術館工芸館 所蔵作品展

INFORMATION基本情報

日時 2019年5月21日(火)~6月30日(日)
10:00~17:00
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日
場所 東京国立近代美術館 工芸館(東京都千代田区北の丸公園1-1)
アクセス JR東西線「竹橋駅」1b出口・徒歩3分
観覧料 一般250円(200円)、大学生130円(60円)

※高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、友の会、賛助会員(同伴者1名まで)、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバー会員は本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
※割引・無料には入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、会員証、社員証、障害者手帳をご提示ください。
【無料観覧日】6月2日(日)
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://www.momat.go.jp/

Where design is found―from the Museum Collection
デザインの( 居 )場所

  • 東京国立近代美術館のコレクションにデザイン作品があることは、ご存知ですか?

    1988年にインダストリアルデザイナーの先駆者と呼ばれるクリストファー・ドレッサーやアール・デコ様式の家具デザインで知られるピエール・シャローなどの作品が収蔵され、以後少しずつその数を増やしてきました。
    現在は、工業デザイン192点*、グラフィックデザイン776点*を収蔵しています。本展では、その中から選りすぐりのデザイン作品と、工芸作品を合わせた約120点を通して、デザインの居場所はどこ?という問いに対する答えを国境、領域、時間という3つの視点から考えていきます。
    デザインという言葉が我々の生活に定着し、様々な場面で聞かれるようになった今日ではありますが、その定義や意味合いは、状況や場所、人によって変化します。そんな、つかみどころのないデザインの存在について、改めて考える機会になれば幸いです。
    *2019年3月31日現在
  • #

ギャラリートーク
工芸館研究員の方による鑑賞のポイント解説!

日程:6月9日(日)(工芸館研究員)
   6月23日(日) (工芸館研究員)

時間:14:00~15:00
場所:工芸館2階 ※各日とも申込不要・参加無料(要当日観覧券)

 

タッチ&トーク

工芸館ガイドスタッフによる鑑賞プログラム。
注目の若手作家から人間国宝が手がけた作品や製作工程資料などに触れながら鑑賞する<さわってみようコーナー>と、時代背景や作家の情報などの豊富なエピソードを毎時得て作品のみどころをご紹介する会場トークとの2部構成で、さまざまな角度から展覧会をご案内します。

日程:会期中の毎週水。土曜日
時間:14:00~15:00
場所:工芸館2階

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント