牛込見附跡

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
上州道に通じる江戸城外郭門のひとつです。外濠に面した見附のなかでも、江戸の遺構がもっともよく残ります。1639(寛永16)年、徳島藩の初代藩主蜂須賀忠英らによって築かれました。解体された角石に、普請した忠英を指す「松平阿波守」の文字が発見されています。

INFORMATION基本情報

  • 所在地東京都千代田区富士見2-9
  • アクセスJR「飯田橋駅」徒歩2分
    地下鉄「飯田橋駅」徒歩5分

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント