讃岐高松藩上屋敷土蔵跡

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
高松松平家上屋敷は、江戸時代初期までは、神田川の下流の平川と小石川の合流地点にあり、水害が多発していました。1620(元和6)年に、江戸城化を洪水から守るため、三崎町で堀留めにし、平川の流れを付け替えました。屋敷の遺構の下から川の護岸石が発掘されています。石垣から江戸前期の地形を感じます。

INFORMATION基本情報

  • 所在地東京都千代田区飯田橋3-10
  • アクセスJR「飯田橋駅」徒歩10分
    地下鉄「飯田橋」徒歩5分

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント