法務省旧本館

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
【国指定重要文化財】 
明治政府の官庁集中計画の一環で招聘されたドイツ人建築家エンデとベックマンの設計で明治28年(1895)完成のドイツネオバロック様式の庁舎です。戦災で大きな被害を受けましたが、平成7年当初の姿に復原されました。
赤レンガ棟と呼ばれえるこの建物では、かつて司法大臣が執務をとっていた部屋が法務史料展示室として、一般開放されています。建物内部はもとより昔の登記簿、明治期の刑法典編纂の史料、刑事事件に関する書類などが展示してあります。

INFORMATION基本情報

  • 所在地千代田区霞が関1-7
  • アクセス桜田門駅5番出口より徒歩1分
    霞ヶ関駅A5出口より徒歩3分

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント