山王稲荷神社
 山王稲荷神社
 山王稲荷神社

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
福知山藩主松平忠房の邸内に祀られていた屋敷神と伝えられ、万治2年(1659)に日枝神社が麹町隼町から移転してきた際に日枝神社とともに社殿が建立された。
現在の社殿がこの時に造営された可能性が高く、昭和20年の空襲で日枝神社社殿が焼失した際も被害を免れて残った。こうした経緯や関東地方には希少とされる縋形式の春日造の本殿であることから、山王稲荷社本殿は、千代田区によって文化財指定されている。

INFORMATION基本情報

  • 所在地永田町2-10(日枝神社境内)
  • アクセス地下鉄千代田線国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
    地下鉄(銀座線・南北線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分
主なご利益 生業繁栄・防火防災
祭日 毎年四月午の日

 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント