三年坂

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
三年坂(さんねんざか)
霞が関三丁目の大蔵省と文部省との間の坂です。今は会計検査院の前を直線に高速4号線に突き当たりますが、昭和39年頃まではこの坂の上部が二段三段と曲折した坂が続き、その所を栄螺尻(さざえ じり)と呼んでいました。
『新撰東京名所図会』には、「三年坂は潮見坂の南に隣れり、裏霞が関と三年町の間の坂なり。坂を上れば栄螺尻とす。昔此坂にて転ぶときは、三年のうちに死すという俗説より此の名起れり。又、淡路坂ともいい一に此処を陶山が関といふ。……裏霞が関と三年町の間、道路の盤曲する所を栄螺尻と呼ぶ。」とあります。
また、『新編江戸志』(近藤義休撰)には「曲り曲りたる坂の名なり、亦此辺鶯多し、因て鶯谷というよし見えたり。」とあります。

INFORMATION基本情報

  • 所在地霞が関三丁目
  • アクセス霞ヶ関駅A13出口より徒歩3分
    虎ノ門駅6番出口より徒歩3分

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント