特集 ちよだで遊ぼう、学ぼう

 夜のちよだ ~ 丸の内と日比谷編 ~
  • 夜のちよだ ~ 丸の内と日比谷編 ~
  • 特集
  • KEYWORDS

人が忙しく歩き回りまわるビジネスの「まち」

どこか懐かしく、暖かい「まち」

観光客が押し寄せる「まち」

1つの街の中に様々な「まち」を持つ''ちよだ''

そんな''ちよだ''の夜は、忙しく動き回る大人たちの心の拠り所へと変わる…。

 

 

STORY1「ハシゴ飲みのちよだ」

STORY2. 「丸の内で過ごす、夜のちよだ」

STORY3. 「大人のちよだ」

DRAWING HOUSE OF HIBIYASTORY1「ハシゴ飲みのちよだ」 19:00~

  •  
  •  

  • #
  • 今日はどんな1日だったでしょうか。今日もお疲れ様でした。

  • 良かった人も悪かった人も、気の合う仲間たちと
  • お酒でも飲んで楽しく語り合いたいませんか?「今日」という1日の締めくくりを、千代田区で過ごしませんか?
#
  DRAWING HOUSE OF HIBIYA 

2018年にオープンした日比谷ミッドタウンの6階にあるお店「DRAWING HOUSE OF HIBIYA」 

U字型の店内から見えるのは、日比谷を眺望できるガーデンテラス。

都心の真ん中にあるのにも関わらず、解放的な空間にゆったりとした時間が過ごすことができる。

 

  • #
  • 昼間はそびえたつビルとオフィス街に圧倒させられつつ、

    大きいな窓からは暖かい太陽光が差し込む。一方、夜はビルの1つ1つの明かりが「夜景」へと変化し、ココロ安らぐ明かりに変化する。

    DRAWING HOUSE OF HIBIYAのメインは日本各地の気候風土に育まれた食材を使ったテロワール料理。これまで出会うことがなかったであろう食材のコラボレーションを味わうことできる。テラス席から見える夜景を見ながら、仲間たちと語り合うのはいかが。

SPOT INFORMATION
 DRAWING HOUSE OF HIBIYA

DRAWING HOUSE OF HIBIYA 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 6F
TEL 050-5595-3051
営業時間 ランチ  11:00~14:30(L.O.14:30) カフェ  14:30~17:30 ディナー 17:30~23:00(L.O.22:00)

GARB TOKYOSTORY1「ハシゴ飲みのちよだ」22:00~

  • 同僚たちと仕事終わりの楽しい夜を過ごし解散したが、

    まだまだ語りたりない…。

    気の合う数人ともう少しだけ、’’ちよだの夜’’を楽しもう。

  • #
#
GARB TOKYO

丸の内仲通りのビル角にある本格イタリアンが味わえるレストラン。大きな窓から見える外の景色が、開放的で居心地の良い空間を演出し、冬になると、通りのイルミネーションを見ながら、食事ができる。また、店内にはバーカウンターがあるため、大人な丸の内気分を楽しむことができる。

 

  • #
  • 丸の内仲通り脇のテラス席で、ビル群の夜景を見ながら

  • 味わうイタリアンは、絶品だ。店内の壁面には、アートな作品が多く飾られており、個性的かつ高級感漂う。ここでは、少し軽めのアラカルトとシャンパンを味わいながら、まだまだ終わらない話の続きをしよう。

 

SPOT INFORMATION
 GARB TOKYO

GARB TOKYO 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F
TEL 03-5220-0440
営業時間 月曜-金曜 ランチ 11:00~14:00 ディナー 18:00~22:00 CAFE & BAR / 11:00~23:30 土日/祝日 ランチ 11:00~14:30 ディナー 18:00~22:00 CAFE & BAR 11:00~22:30

東京和食 文史郎STORY2「丸の内で過ごす、夜のちよだ」 18:30~

  • #
  •  

    東京駅の目の前、新丸の内ビルディングの7階に

  • marunouchi HOUSE」がある。

    個性的なお店が揃い、隠れ家のような雰囲気を持つ。

  • 夜にはDJブースが現れ、煌びやかで大人の空間に変化する。

 

  • 和食からイタリアン、アジア料理が揃う。

    1つのお店で長居するのも良し、ハシゴ飲みをするのも良い。

    なんといっても、醍醐味は東京駅・皇居外苑を一望できるテラス席。テイクアウトの料理やお酒を持ち寄り、景色を見ながら

    開放的な時間を過ごすことができる。

  • #
  •  
#
東京和食 文史郎

7階フロアで唯一の和食料理屋で、東京産の食材を使った料理を楽しむことができる。農業が盛んな地方産に目を向けられることが多く、あまり東京産の食材と出会うことが少ないが、東京和食 文史郎では、東京の食材の''美味しさ''を発信している。

 

料理:東京とまと肉じゃが/トマトとアボカドとグリーンサラダ

SPOT INFORMATION
 東京和食 文史郎

東京和食 文史郎 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区丸の内1丁目5−1 新丸の内ビルディング 7F
TEL 03-5220-2351
営業時間 月~木・土 11:00~26:00 金・祝前日 11:00~28:00 日祝 11:00~23:00 ※ランチは11:00~15:30

Bar OAKSTORY2「丸の内で過ごす、夜のちよだ」 21:00~

  • #
  • みんなで語りあった後、1人で新丸ビルを出て、夜風にあたりながら東京駅へ向かう。見下ろす高層ビルは、まだ明かりがいくつも灯っていて、今日という1日がまだ終わらないことを告げている。1日の締めくくりには、まだ時間がある。もう少しちよだの夜を楽しもう。
  •  

  •  
#
Bar OAK

東京駅舎内の東京ステーションホテルにあるBar OAK。

2012年にリニューアルした店内は、ヨーロピアンクラッシックをベースに

一部むき出しになった創建当時の赤レンガが、落ち着いた大人の空間を演出している。

まるでゆっくりと流れるような時間を味わうことができる。

  • #
  • Bar OAKの名物バーテンダーである杉本尋さんが考案したホテルオリジナルカクテル「東京駅」。

    爽やかなハーブの甘味が口に広がる大人な味わい。飲んでいる途中でライムを絞って、「列車の上りと下りのように、味の変化を楽しんでほしい」というストーリーが込められている。

 

SPOT INFORMATION
 Bar OAK

Bar OAK 詳しくはこちら

住所 丸の内1-9-1
TEL 03-5220-1261
営業時間 17:00〜24:00(23:30 L.O.)

マルゴ丸の内STORY3 「大人のちよだ」  19:00~

  • 退勤後、今日も千代田区を歩く。

    なんだか今日は一人で過ごしたい気分。

     

    少しの寂しささえも今の自分には心地が良い。

     

    自分が行きたいと思ったところに、

    自分の気持ちが向く方へ、お店を探しにいこう。

     

    ちよだの夜を見つけにいこう。

  • #
#
マルゴ丸の内

丸の内の高いビル群に隠れるように存在する三菱一号館美術館。ここの庭園の脇にあるお店。外から見ても圧倒される、ワインセラー。天井まで高々と伸びるセラーには、フランス産に特化した600種ものワインが貯蔵されている。庭園を望むように並ぶテラス席からは、四季折々で変わる植栽景色を楽しみながら、ビストロ料理を味わうことができる。

  • #
  •  

    オープンキッチンとテラス席で開放的な空間を演出、

    行きかう人々を眺めながら、過ごす時間はゆっくりと進む。

    600種以上あるフランス産ワインの中から、

    自分のお気に入りのワインを探すのも楽しい。

     

    年々歳を重ねるごとに、自分の新しい一面を知る機会が減った気がする。

    久しぶりに’’自分だけ’’と過ごす時間。

    仕事を忘れ、新たに自分のお気に入りを見つけるのはいかが。

SPOT INFORMATION
 マルゴ丸の内

マルゴ丸の内 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング1F
TEL 03-6269-9105
営業時間 11:00-24:00 ランチ 11:00ー14:00 カフェ 11:00-17:00 ディナー 17:00-24:00

STAR BARSTORY3 「大人のちよだ」 21:00~

  • #
  •  

    今日を頑張った自分にもう少しご褒美をあげよう。

    たまには丸の内仲通りを1人で歩きながら、

  • 今日あったことを振り返るのも悪くない。

    良かったことも悪かったことも。

     

#日比谷STARBAR

2018年にオープンした日比谷ミッドタウンの中でも上質な店が並ぶ3階にある’’日比谷STARBAR’’

高級感漂う重厚なドアを開けると、まっすぐ奥まで伸びる12mのバーカウンターが目に入る。店幅は細長く、

店内も薄暗いためどこか隠れ家に入り込んだ気分になり、まるで忙しい千代田区の夜から別離された世界にきたようだ。

 

  • #
  • 日比谷店限定で出しているカクテル「パーク・ライフ」

    まるで日比谷公園の自然のような緑色をしたカクテル。

  • 味は、見た目同様爽やかで、フルーティーな味わい。

  • パーク・ライフという名はSTARBARと繋がりの深い作家吉田修一氏の日比谷公園を舞台にした「パーク・ライフ」に因んでいる。芥川賞の電話番をするお店として有名な’’STARBAR’’

  • ゆっくりと時間が流れる重厚な空間に身を預けなが過ごす時間を自分へのご褒美にいかが。

 

SPOT INFORMATION
 STAR BAR

STAR BAR 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
TEL 03-6206-1560
営業時間 16:00~24:00(ラストオーダー23:30)

戻る

×

SNS INFORMATION

weibo twitter facebook facebook instagram youtube