飯田橋・九段・市ヶ谷・北の丸 さくらまつり 「春の企画展」“想い„を込めて ~作品からみる戦傷病者~

slider
slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
しょうけい館 春の企画展

イベント開催期間

  • 03
    March
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

INFORMATION基本情報

日時 2019年3月12日(火)~5月6日(月)
10:00~17:30 (入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(4月29日(月)・5月6日(月)は開館)
場所 しょうけい館 -戦傷病者史料館-
(九段南1-5-13 ツカキスクエア九段下)
アクセス 半蔵門線、東西線、新宿線「九段下駅」6番出口
料金 無料
主催 しょうけい館 (戦傷病者史料館)
お問合せ先 しょうけい館事務局
TEL:03-3234-7821
ホームページ http://www.shokeikan.go.jp

春の企画展 “想い„を込めて

~作品からみる戦傷病者~


先の大戦により、傷を負った戦傷病者は人生のさまざまな局面で多様な作品を残しています。本展では、当館所蔵の資料を中心に戦傷病者の作品を紹介します。各々の戦傷病者が自身のハンディを抱えながら作り上げた作品の数々…。 両眼失明の方が高齢になり、自身の心情を揮(ふる)った書。左腕に機能障害を負った方が戦争体験の想いを込めて彫った仏像。隔離生活を余儀なくされた方が道具の無いなかで作り上げたトランク等、そこには戦中・戦後に体験したさまざまな“想い„が込められています。 戦地へ赴き、受傷や発症によってその後の人生が大きく変えられてしまった戦傷病者の作品を通して、戦中・戦後の労苦を乗り越えようとした“想い„を感じ取ってください。


■関連イベント■

【作品制作者たちの証言上映】
日  時: 会期中毎日 10:00~17:00
場  所: しょうけい館1階 証言映像シアター
その他: 鑑賞自由・無料

【フロアレクチャー】
学芸員が企画展の展示解説をします。
日  時:3月24日(日)、4月7日(日)、5月5日(日)の14:00より約30分
場  所:しょうけい館1階
その他:当日参加自由・無料

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント