麹町・半蔵門・永田町 イベント 文楽座命名一五〇年 2月文楽公演

【終了しました。】

slider
slider
slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
国立劇場 文楽

INFORMATION基本情報

公演期間

2022年2月5日(土)~2月22日(火) ※10日(木)は休演

開演時間

第一部 午前10時45分開演(午後2時10分終演予定)
第二部 午後2時40分開演(午後5時30分終演予定)
第三部 午後6時開演(午後8時終演予定)
※開場時間は、開演30分前の予定です。
※各部、休憩がございます。

場所 国立劇場  小劇場(千代田区隼町4-1)
入場料

1等席 7,000円/学生4,900円
2等席 6,000円/学生4,200円

主催 独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)
お問合せ 国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時)
0570-07-9900
03-3230-3000(一部IP電話等)
公式ウェブサイト https://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/2022/bunraku_2.html

  国立劇場開場55周年記念・令和4年2月文楽公演

       文楽座命名一五〇年

人形浄瑠璃文楽座は、竹本義太夫が貞享元年(1684)に道頓堀に竹本座を旗揚げして以来、その芸系を伝える、唯一の劇団です。この劇団を代々にわたり経営した植村家の元祖、正井与兵衛の素人の浄瑠璃語りとしての号「文楽」を冠した「文楽座」が、劇場および劇団として正式に命名されたのは、明治5年(1872)1月に松島文楽座(現 大阪市西区)が開場した時のことで、令和4年(2022)は150年に当たります。この節目の年に、当公演を記念公演として開催します。是非お楽しみください。

nigatsubunrakukouenn


◆第一部 (午前10時45分開演)
 
 二人禿 (ににんかむろ)

 

 御所桜堀川夜討 (ごしょざくらほりかわようち)
  弁慶上使の段

 

 艶容女舞衣 (はですがたおんなまいぎぬ)
    上塩町酒屋の段


◆第二部 (午後2時40分開演)

 
 加賀見山旧錦絵 (かがみやまこきょうのにしきえ)
    草履打の段
    廊下の段
    長局の段
    奥庭の段


◆第三部 (午後6時開演)

 
   平家女護島 (へいけにょうごのしま)
   鬼界が島の段

 釣女 (つりおんな)

 

bunnrakuzameimei6

bunraku2gatsu7

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント