飯田橋・九段・市ヶ谷・北の丸 イベント マンガ『風太郎不戦日記』を通して知る戦時下のくらし

slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
昭和館写真展

イベント開催期間

  • 03
    March
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  

INFORMATION基本情報

日時          令和3年3月20日(土)~ 令和3年5月9日(日)
10:00 ~ 17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日、5月6日
※5月3日は開館
会場 昭和館 2階ひろば(屋外)
アクセス 「九段下駅」4番出口・徒歩1分
「飯田橋駅」・徒歩10分
入場料                 無料                                  
主催 昭和館 図書情報部
協力 講談社
後援 千代田区、千代田区教育委員会
お問合せ 03-3222-2574
URL https://www.showakan.go.jp/events/photo/index.html

マンガ 『風太郎不戦日記』
通して知る戦時下のくらし

 

【写真展】 
作家山田風太郎(やまだふうたろう)は、『戦中派不戦日記』と題して、昭和20年(1945)の自身の体験を記録しています。この『戦中派不戦日記』が漫画家の勝田文(かつたぶん)さんにより、『風太郎不戦日記』とタイトルを改め、ユーモアを交えて漫画化されました。このたび昭和館は、漫画化にあたっての監修に携わりました。当時の日本は戦時下にあり、同世代の若者たちが戦地へ赴くところ、風太郎は体調不良により召集を見送られ、葛藤を抱えながらも、終戦の年に起きた出来事を、若者らしい視点で、見て感じたありのままを記録しています。 
本展の前半は『風太郎不戦日記』の誌面を通して戦時下のくらしを、また後半では「男子学生たちの青春」と称して風太郎と同時代に生き、戦争に青春時代を翻弄された男子学生たちの姿を、昭和館の所蔵写真からご紹介いたします。

原作 山田風太郎 大正11 年(1922)兵庫県養父郡関宮村(現・養父市)生まれ。昭
和17 年(1942)8 月に家出同然で上京。品川の軍需工場で働き
ながら受験勉強を続け、19 年に旧制東京医学専門学校(現・東
京医科大学)に合格。在学中の22 年に『達磨峠の事件』で作家
デビュー。25 年に卒業、その後は作家として本格的に活動。46
年に『戦中派不戦日記』を刊行。平成13 年(2001)逝去。   
漫画 勝田 文 平成10 年(1998)に集英社「YOUNG YOU」でデビュー。主な作
品に『マリーマリーマリー』 『小僧の寿し』(以上、集英社刊)、
『プリーズ、ジーヴス』(原作 P・G・ウッドハウス/白泉社刊)な
ど。


【複製原画展】 
「山田風太郎の八月十五日」
昭和館5階ギャラリーでは、『風太郎不戦日記』の複製原画展を同時開催しております。


 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント