麹町・半蔵門・永田町 イベント 国立劇場 令和3年初春歌舞伎公演

【終了しました。】

slider
slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram

イベント開催期間

  • 01
    January
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

INFORMATION基本情報

公演期間 2021年1月3日(日)~1月27日(水) ※14日(木)は休演
開演時間 12時00分開演 ※15日(金)は午後4時開演
場所 国立劇場 大劇場(千代田区隼町4-1)
入場料 一般=1等席(1階) 10,000円/2等席(2階) 6,000円/3等席(3階) 3,000円
学生=1等席(1階) 7,000円/2等席(2階) 4,200円/3等席(3階) 2,100円
(いずれも税込)
主催 独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)
お問合せ 国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時)
0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)
ホームページ https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_l/2020/847.html?lan=j

国立劇場 令和3年初春歌舞伎公演

 

<演目のご案内>
新玉の令和3年に送る国立劇場の初芝居!初演以来196年ぶりに復活して大好評を博し、音羽屋の家の芸“土蜘蛛”を盛り込んだ顔見世狂言を、さらにコンパクトにリメイクして十年ぶりに再演!父・平将門の遺志を受け継いで源氏への復習と謀反を企てる相馬太郎良門に葛城山の土蜘蛛や謎の老婆・茨木の一派と、勇将の源頼光に渡辺綱を始め家臣の“四天王”や重臣・平井保昌とが、死力を尽くして対決!個性に富んだ様々な善悪男女のキャラクターが虚々実々の駆け引きを繰り広げる面白さ満載、楽しさ満点、娯楽作品の決定版!

通し狂言 四天王御江戸鏑 (してんのうおえどのかぶらや) 四幕六場
国立劇場美術係=美術

序   幕       相馬御所の場

二幕目  第一場  羅生門河岸中根屋座敷の場
      第二場  同 花咲部屋の場

三幕目  第一場  二条大宮源頼光館の場
      第二場  同 寝所の場

大   詰       北野天満宮の場

 

イベントの詳細やチケットの購入については、国立劇場公式ホームページへ

 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント