飯田橋・九段・市ヶ谷・北の丸 イベント 令和2年度 夏の企画展「車いすと戦傷病者」

slider
slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram

イベント開催期間

  • 07
    July
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

INFORMATION基本情報

日時 令和2年7月14日(火)~9月13日(日)
10:00~17:30 (入館は17:00まで)
会場 しょうけい館 -戦傷病者史料館- 企画展示室
(九段南1-5-13 ツカキスクエア九段下)
休館日 毎週月曜日・8月11日(火)
※8月10日(月)は開館
アクセス 地下鉄「九段下駅」6番出口・徒歩1分
お問合せ 03-3234-7821
ホームページ https://www.shokeikan.go.jp/

 

令和2年度 夏の企画展
「車いすと戦傷病者」

 

本展では、戦場で脊髄を負傷し、箱根療養所で車いす生活を送った戦傷病者を中心にその労苦を振り返ります。また、車いすそのものにも目を向け、当時の車いすの役割や、戦後のパラリンピックスポーツへの発展についても紹介します。
先の大戦で脊髄損傷など重度の障害を負い、日常生活が困難となった傷痍軍人は社会復帰(再起奉公)がかなわず、箱根療養所で療養生活を送ることになりました。
療養所での車いす生活は、戦中・戦後を通して医療関係者による専門的な療養ケアだけでなく、家族の介護と支援がなければ成り立たないものでした。そうした中で入所者は、竹細工製作などの作業に打ち込み、家族同士の結束も深めながら、戦後は傷痍軍人会の活動やパラリンピック出場に向けて意欲的に取り組んでいきました。

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント