• 歴史コース
  • 【ちよだ歴史さんぽMAP】ちよだ浮世絵名称めぐり「外桜田コース」

  • recommended by千代田区観光協会「ちよだ歴史さんぽMAP」制作担当者さん
  • 3.5H
  • ■KEYWORDS
 千代田区観光協会「ちよだ歴史さんぽMAP」制作担当者

CHIYODA LOCALS今回のちよだ人

千代田区観光協会「ちよだ歴史さんぽMAP」制作担当者

今回は千代田区観光協会が、区内に残る史跡や名所など歴史的価値のある観光スポットをまとめたちよだ歴史さんぽMAP②「ちよだ浮世絵めぐり」からコースを紹介。「マップを見ながら千代田区周辺の歴史を楽しむのはもちろん、街並みや自然、建物を楽しみ、さらに素敵なお店などを知ってもらいたいです」と語る。

> ちよだ歴史さんぽMAP②「ちよだ浮世絵めぐり」

 【ちよだ歴史さんぽMAP】ちよだ浮世絵名称めぐり「外桜田コース」
 

今も昔も政治の中枢を担う外桜田川界隈。整然と辿ち並ぶ大名屋敷街や、風情ある内堀沿いには、時代を彩るさまざまな名所が存在しました。浮世絵として当時の様子が伺える作品が多く残されています。巷では2025年に放送されるNHK大河ドラマ「べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~」で、江戸時代の版元、蔦屋重三郎の生涯が描かれることが決定しています。そこで今回は一足早く浮世絵に注目。千代田区観光協会が名作として知られる浮世絵を厳選し、絵図と合わせて現在の風景と比較してみました。時代の変遷を感じながら、街を散策してみてはいかがでしょうか。

帝国ホテル 東京現在の帝国ホテル付近に建てられていた、江戸城外に設けられた山下御門

  • #

    江戸景勝「山下御門之内」歌川広重

  • #

    帝国ホテルのJR高架付近より、日比谷公園に向かって撮影

山下御門は、現在の帝国ホテル近くにありました。この絵はその御門あたりから、濠の内側を見た景色を描いたものです。今では濠の一部が日比谷公園内に心字池として残っているのみです。絵図を見ると山下御門の正面に松平肥前守(佐賀鍋島家)上屋敷があることがわかります。赤門は将軍家の姫を迎えた証でした。

SPOT INFORMATION
 帝国ホテル 東京

帝国ホテル 東京 詳しくはこちら

住所 千代田区内幸町1-1-1
TEL 03-3504-1111

江戸城外堀跡(国指定外堀跡)葛飾北斎が赤坂溜池に流れる滝を描いた躍動感ある「東都葵ヶ岡之滝」

  • #

    諸国滝廻り「東都葵ヶ岡之滝」葛飾北斎

  • #

    金毘羅神社付近から、特許庁の方向に向かって撮影

現在は埋め立てられ、面影もないが、これは溜池の堰から流れ落ちる水によって形成されていた虎ノ門近くにあった滝で、その水音から「どんどん」の愛称で親しまれたと言われています。左下の建物は金刀比羅大権現(現在金刀比羅宮)。江戸の景勝地のひとつとして知られ、広重も名所江戸百景「虎ノ門外あふひ坂」などの作品を残しています。

SPOT INFORMATION
 江戸城外堀跡(国指定外堀跡)

江戸城外堀跡(国指定外堀跡) 詳しくはこちら

住所 千代田区霞が関3-2-8

霞ヶ関坂東都名所の中の一作。江戸時代は諸大名の上屋敷が立ち並んでいた霞ヶ関

  • #

    東都名所 霞が関の図 歌川広重

  • #

    総務省と外務省の間の霞ヶ関坂下あたりからの撮影

桜田通りの霞が関一丁目交差点付近を描いた図。地名は、かつて関所があったことに由来するとも言われています。画像奥(西)にのびる霞が関坂に向かって右手が広島藩上屋敷(現総務省)、左手が福岡藩上屋敷(現外務省など)。江戸城に近く、有力大名の屋敷が軒を連ねていたため、江戸を訪れた人が行く観光名所となっていました。

SPOT INFORMATION
 霞ヶ関坂

霞ヶ関坂 詳しくはこちら

住所 霞が関二丁目

桜田門(外桜田門)人々に喜ばれた名水、柳の井戸が描かれた作品。現在も当時の面影残る桜田門

  • #

    江戸名勝図会 桜田 歌川 広重 2代

  • #

    桜田門を背に桜田濠を右手に撮影

警視庁付近から西を見た風景です。桜田濠を右手に半蔵門へと向かう道は、江戸時代と変わらぬ風景を楽しめる数少ない場所。本図中央、濠端に名水「柳の井戸」が見えます。

SPOT INFORMATION
 桜田門(外桜田門)

桜田門(外桜田門) 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区皇居外苑1 

国立劇場江戸三大祭の一つとして知られる山王祭。江戸城内に入る前の山車

  • #

    名所江戸百景 糀町一丁目山王祭ねり込 歌川広重

  • #

    国立劇場から内堀通りを渡り、桜田濠を右手にして撮影

国立劇場あたりから半蔵門を望んだ景色。手前に大きく描かれたのは山王祭の山車です。当時は多数の山車が半蔵門から入城し、将軍が上覧たため天下祭と呼ばれていました。
※2023年10月末から建て替えのため一時休館中

SPOT INFORMATION
 国立劇場

国立劇場 詳しくはこちら

住所 隼町4-1
TEL 03-3265-7411
営業時間 10:00~18:00(チケット売場)

近江彦根藩井伊家屋敷跡現在に残る赤坂迎賓館の東門。赤坂見附へと続く道、赤坂紀ノ国坂

  • #

    古今東京名所「赤坂紀紀ノ国坂」歌川 広重3代

  • #

    元赤坂の紀伊国坂から上智 弓道場洗心道場側に立ち、迎賓館東門方面を撮影

外堀通りの紀之国坂信号付近。右手の門は、今も赤坂迎賓館の東門として健在です。紀伊国坂下には町家の屋根がひしめき合い、道は左端に見える赤坂見附(御門)へと続いています。

SPOT INFORMATION
 近江彦根藩井伊家屋敷跡

近江彦根藩井伊家屋敷跡 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区紀尾井町5-2

弁慶橋堀の外側には紀州徳川家の屋敷。大名行列を描いた紀の国坂赤坂溜池遠景

  • #

    名所江戸百景「紀の国坂赤坂溜池遠景」歌川広重

  • #

    元赤坂の紀伊国坂から、弁慶堀を左手にして撮影

紀伊国坂を弁慶橋方面に下る途中(元赤坂1丁目)付近。高速道路が架かっていても、弁慶濠とカーブを描いた地形は今も変わりません。本図の大名行列は紀伊殿のようです。

SPOT INFORMATION
 弁慶橋

弁慶橋 詳しくはこちら

住所 紀尾井町~港区元赤坂一丁目

紀伊和歌山藩徳川家屋敷跡雨に包まれる赤坂御門。現在の赤坂見附交差点付近を描いた「赤坂桐畑雨中夕けい」

  • #

    名所江戸百景「赤坂桐畑雨中夕けい」歌川広重 2代

  • #

    東急プラザ赤坂から出ている、内堀通りを横断する歩道橋に立ち、東京ガーデンテラス紀尾井町方面を撮影

東京メトロ赤坂見附駅付近。本図に描かれた池は、湧水が流れ込んでできた溜池です。現在は埋め立てられて外堀通りに。池の向こうの鬱蒼とした森は、赤坂見附(御門)の内にある紀伊徳川家上屋敷です。

SPOT INFORMATION
 紀伊和歌山藩徳川家屋敷跡

紀伊和歌山藩徳川家屋敷跡 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区紀尾井町4-26

日枝神社将軍家の産土神として崇められた日枝神社。当時の山王祭の様子が伺える作品

  • #

    江戸名勝図会「山王」歌川広重 2代

  • #

    日枝神社の山王男坂を上がったところで、左方面を撮影

日吉山王大権現社(現在の日枝神社)は、東京メトロ溜池山王駅からすぐの小高い丘の上に立っています。桜門(現神門)付近から境内を見た光景です。徳川家の産土神として歴代の将軍に崇敬されていまた。現在は都内有数のパワースポットとして人気です。

SPOT INFORMATION
 日枝神社

日枝神社 詳しくはこちら

住所 東京都千代田区永田町2-10-5
TEL 03-3581-2471

COURSE今回のコース

  • 帝国ホテル 東京
  • 江戸城外堀跡(国指定外堀跡)
  • 霞ヶ関坂
  • 桜田門(外桜田門)
  • 国立劇場
  • 近江彦根藩井伊家屋敷跡
  • 弁慶橋
  • 紀伊和歌山藩徳川家屋敷跡
  • 日枝神社
×

SNS INFORMATION

weibo X facebook facebook instagram youtube