大手門

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
旧江戸城の正門で、参勤交代で江戸に滞在していた大名たちはここから新年や月次で登城する際に使用しました。大手門の高麗門をくぐって中に入ると、枡形と呼ばれる四角く囲まれた広場になっています。この枡形は、敵が城内にまっすぐに侵入するのを防ぐとともに、攻撃の際には兵の集合場所にもなる施設で、周囲の白壁には「狭間」という銃を撃つための穴があります。江戸城の城門の多くは、この形式でした。
 
慶長年間(1596~1625)に築城名手として知られた津藩の初代藩主藤堂高虎の設計といわれます。寛永6年(1629)の工事のときには酒井忠世が分担しました。左右の石垣は伊達政宗が築造しました。
現在の門は、1967(昭和42)年に復元されたものです。

INFORMATION基本情報

  • 所在地千代田区千代田1 
  • アクセス大手町駅C10出口、C13出口より徒歩5分
    東京駅丸の内方面出口より徒歩10分 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント