柳森神社

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
長禄2年(1458年)太田道灌が江戸城の鬼門除として現在の佐久間町一帯に植樹した柳の森に鎮守として祭られたのがはじまりとされ、万治2年(1659)に神田川堀割の際に現在地に移りました。柳の樹も堀の土手に移植され、江戸の名所になりました。境内の福寿社は「お狸さん」とよばれ、五代将軍綱吉の生母桂昌院が江戸城内に創建したといわれています。境内の13個の力石群が千代田区の有形民俗文化財に指定されています。

INFORMATION基本情報

  • 所在地神田須田町2-25
  • アクセス岩本町駅A2出口より徒歩3分
    秋葉原駅より徒歩5分

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント