神田神社(神田明神)
 神田神社(神田明神)
 神田神社(神田明神)

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
 神田明神または単に明神様とだけいって江戸時代から庶民に親しまれています。御祭神は大己貴命と少彦名命。平将門も本殿に合祀されています。
 天平2年(730)創建と伝えられ、当初は大手町の将門塚付近にありました。慶長8年(1603)駿河台へ移り、元和2年(1616)二代将軍秀忠のとき江戸の総鎮守とされ、現在地に移りました。昭和9年、当時としては画期的な鉄筋コンクリート造りの上に本漆を塗った社殿に再建され、戦災も免れました。
 下町の明神として庶民に親しまれ、日枝神社と隔年で行われる神田祭りの祭礼は天下祭と呼ばれ、神幸行列が江戸城内に入り、時に将軍の上覧を受け、「江戸の花」とうたわれる祭りでした。
 昔は、境内から安房・上総の山々まで眺められ、のんきな江戸っ子たちの遊楽や昼寝の場所でもあったといわれています。
 境内には籠祖、末広、三宿・金刀比羅、浦安稲荷、江戸、大伝馬町八雲、小船町八雲、水神社などがあります。また、小説で神田明神下に住んでいることになっている「銭形平次の碑」や「八五郎の碑」や大盤石と称した力石、鉄製の大天水桶など江戸時代を偲ばせるものがのこっています。
 門外には、麹、味噌、甘酒、納豆で江戸時代からの老舗もあり、また昔ここに伊勢喜という料理屋があって料理がうまいこととと、眺めのよいことで江戸中の評判であったそうです。

INFORMATION基本情報

  • 所在地外神田2-16-2
  • 電話番号03-3254-0753
  • アクセス御茶ノ水駅聖橋口より徒歩5分
    秋葉原駅電気街口より徒歩7分
    末広町駅より徒歩5分
ホームページ https://www.kandamyoujin.or.jp/

 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント