井政
 井政

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
【千代田区指定有形文化財】 
この建物は、江戸時代より神田鎌倉町で材木商を営んできた遠藤家が、関東大震災後、昭和初期に建てた店舗併用住宅です。伝統技術を受け継いだ職人たちが、腕によりをかけ、銘木や良材をふんだんに用いて建てています。幸いに戦災で焼失することもなく、都心部の木造住宅としては貴重な存在として残りました。

当初は平屋でしたが、1954(昭和29)年に1階の一部と2階を増築。
府中市移築の際には、状態の良い部分だけを残したうえで、1階北側と玄関奥の廊下を増築。さらに当時敷地内にあった別棟の2階部分を玄関東側に据えました。
その後、神田への再移築にあたり、府中時代は畳敷きだった部屋を、土間と帳場というかつての店の姿に復元。また移築先の宮本公園が茶道 江戸千家発祥の地であることにちなみ、玄関東側の和室を茶室へと改修しています。

神田明神の氏子総代であり、生粋の江戸っ子だった遠藤家の亡き父の意志を受け継ぎ、「都心の子供たちが日本文化に触れる場所にしたい」と、江戸文化・伝統行事の紹介や講座、貸室などに使われています。

INFORMATION基本情報

  • 所在地外神田宮本町2-16 宮本公園内
  • 営業時間カフェ
    営業時間
    11:00~16:00

    休業日
    土・日・祝日
    年末年始、
    夏季臨時休業あり
  • アクセスJR「御茶ノ水駅」聖橋口・徒歩5分

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント