秋葉原・神田 近江屋洋菓子店

 近江屋洋菓子店
 近江屋洋菓子店
 近江屋洋菓子店

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram

INFORMATION基本情報

  • 所在地東京都千代田区神田淡路町2-4
  • 電話番号03-3251-1088
  • 営業時間[月~土]9:00~19:00
    [日・祝]10:00~17:30(喫茶は17:00まで)
  • アクセス東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅より徒歩1分
定休日 元旦 年末年始の営業時間などはお問い合わせ下さい
ホームページ https://www.ohmiyayougashiten.co.jp/

リーズナブルだけど上質なケーキが味わえる明治創業の老舗 近江屋洋菓子店

東京メトロ淡路町駅から徒歩1分の、外堀通り沿いに面した「近江屋洋菓子店」。ここは1884(明治17)年創業の、知る人ぞ知る老舗洋菓子店です。ショーケースに並ぶのは素朴な見た目ながら、どれも素材にこだわったケーキ。そんなストイックだけど優しい「近江屋洋菓子店」を紹介します。

#

店名が金色で印字されたガラス張りのドアを開けると、天井の高い店内が広がります。2021年5月にリニューアルされた店内は、依然としてレトロな趣が残るつくりが印象的。店内奥には喫茶コーナーが設けられ、その場でケーキを食べることも。喫茶コーナーに置かれた紅茶やコーヒー、フレッシュジュース、野菜スープなどは、コップを購入すれば飲み放題。ゆっくりとケーキを味わうことができそう。

  • #
  • 「子供たちが冷蔵庫から手づかみでかぶりつくところ」を考え、リーズナブルでありつつも、最高級の材料を揃えてつくられている「近江屋洋菓子店」のケーキ。ケーキに使われるフルーツはすべて、店主が市場で直接仕入れているのだとか。なかでも「アップルパイ」(450円)は長きにわたって人々に愛されてきた看板商品。たっぷりのバターで焼き上げたパイ生地の中に、ごろっとした存在感のあるりんごが入っています。サクサクとしたパイ生地と、シャクシャクとしたりんごの食感が絶妙にマッチする逸品。
  • 「苺サンドショート」(1,000円)は、ホールサイズのショートケーキより、一回り小さいケーキ。スポンジケーキには約10個の大ぶりの苺がサンドされています。マイルドな甘みの生クリームと、甘酸っぱい苺のマリアージュが楽しめる「苺サンドショート」は、ペロリと完食できること間違いなし。「ホールケーキを丸ごと一個食べたい」という欲求が満たせる、食べ応えのあるケーキです。
  • #
  • #
  • クラシックスタイルの「バームクーヘン」(1,250円)も「近江屋洋菓子店」の名物。昔ながらのしっとりとした生地のバームクーヘンは、上品な甘さが口に広がる一品です。ケーキや焼き菓子のほか、店内ではベーコンエッグが乗った「フレンチトースト」(210円)や、「ハムチーズサンド」(90円)など惣菜パンも販売。ランチに立ち寄るのもおすすめです。

明治に創業してから今日まで上質な味を守り続けてきた「近江屋洋菓子店」。店頭には、記念日や手土産など、さまざまなシーンに寄り添うケーキが並んでいます。

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント