昌平橋

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
神田川に架かり、神田淡路町二丁目から外神田一・二丁目に通じる橋です。万世橋から約250m上流にあります。最初は寛永年間(1624~1644)に架けられたといわれています。古名に「かり橋」・「新し橋」・「相生橋」、また一口坂に近いので「芋洗橋」などがありました。昌平橋の名の起こりは、元禄4年(1691)将軍徳川綱吉が湯島に聖堂を造営し、孔子の故郷である中国の魯の国昌平郷にちなみ、昌平橋と名乗るように命じたことによるといわれています。明治維新後、相生橋と改めましたが、明治6年(1873)に洪水で流されてしまいました。明治32年(1899)に再建され、再び昌平橋と命名されました。現在の橋は、昭和3年(1928)12月8日に架けられたもので、長さ22.7m、幅30.1m、コンクリ-ト橋です。別名として、「かり橋」・「新し橋」・「相生橋」・「芋洗橋」があります。

INFORMATION基本情報

  • 所在地外神田一丁目~神田淡路町二丁目
  • アクセス御茶ノ水駅聖橋口より徒歩3分
    秋葉原駅電気街口より徒歩8分

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント