秋葉原・神田 淡路坂〔あわじざか〕

 淡路坂〔あわじざか〕

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
 聖橋の南詰から神田川に沿って東に下る坂です。江戸時代、坂上西側に鈴木淡路守の屋敷があったことから、この名が呼び慣わされたのでしょう。
 坂上東側には太田姫稲荷神社がありましたが、鉄道線路拡幅のため昭和6年に移転し、現在は神田駿河台一丁目にあります。この神社は、太田道灌が娘の疱瘡 (いもあらい)の治癒を祈願して、山城国(京都府)一口の里の稲荷を勧請して建立し、一口稲荷と呼んだと伝えられています。このことから、この坂には一口坂の別名もあります。
 別名に相生坂・大坂などもありましたが、現在は神田川の向い側の坂(文京区との境界)が相生坂と呼ばれています。

INFORMATION基本情報

  • 所在地神田駿河台四丁目
  • アクセス御茶ノ水駅聖橋口より徒歩1分
    新御茶ノ水駅B2出口より徒歩1分

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント