大給近道 【おぎゅう ちかみち】

  • ヒストリー&カルチャー

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
明治期の華族。
淡路町一丁目には、一六八七年以降、豊後府内藩主である大給松平家の上屋敷があった。
一八七二年(明治五)に、神田淡路町一丁目と正式に名づけられたが、『◆東京府志料【とうきょうふしりょう】』によると、当時、町内のほとんどが、この大給近道の屋敷地だったと記されている。