大岡忠相 【おおおか ただすけ】

1677年~1751年
  • ヒストリー&カルチャー

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
江戸町奉行。大岡忠高の子で、旗本・大岡忠真の養子。

1700年に家督を継ぐ。伊勢の山田奉行在任中、八代将軍吉宗の抜擢で、1717年に江戸町奉行に。越前守となり、公正で情味ある裁きは、名判官と称された。また、卓抜な行政的手腕を発揮して経済政策を推進。町火消制度や小石川養生所の創設など、吉宗の享保の改革に成果をあげる。
1736年には寺社奉行に昇進。1948年、三河国大平藩一万石の大名となった。

霞ヶ関にある忠相の屋敷跡には、現在、弁護士会館が建てられている。