皇居・東京駅・日比谷 イベント ラファエル前派の軌跡派

slider

千代田区観光協会公式SNSで見所をチェック!

weibo twitter facebook facebook instagram
三菱一号館美術館 企画展

イベント開催期間

  • 03
    March
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

INFORMATION基本情報

日時 2019年3月14日(木)~6月9日(日)
10:00~18:00
※(金曜、第2水曜、6月3~7日は21:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日(ただし、4/29、5/6、5/27開館は開館)
場所 三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)
アクセス JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
東京メトロ千代田線「二重橋前」駅(1番出口)徒歩3分
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
東京メトロ丸ノ内線「東京」駅(地下道直結)徒歩6分 都営三田線「日比谷」駅(B7出口) 徒歩3分
入場料 前売券:一般1,500円 ※大学生以下は、前売り券の設定はありません
当日券:一般1,700円、大学・高校生1,000円、小中学生無料
ホームページ https://mimt.jp/ppr
お問合せ先 TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)



ラスキン生誕200年記念
ラファエル前派の軌跡展

アアルト
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス) 1863-68頃 ラッセル=コーツ美術館蔵 © Russell-Cotes Art Gallery & Museum, Bournemouth

1848年、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティらが結成したラファエル前派兄弟団は、英国美術の全面的な刷新をめざして、世の中にすさまじい衝撃をもたらしました。この前衛芸術家たちの作品は、観る者の心に訴えかけ、広く共感を呼びました。人々は、社会の基盤が移りゆくなかで、彼らの芸術に大きな意義を見出したのです。
その精神的な指導者であるジョン・ラスキンは、あらゆる人にかかわる芸術の必要性を説く一方で、彼らとエドワード・バーン=ジョーンズやウィリアム・モリスら、そして偉大な風景画家J.M.Wターナーとを関連づけて考察しました。 本展では、英米の美術館に所蔵される油彩画や水彩画、素描、ステンドグラス、タペストリ、家具など約150点を通じて、彼らの功績をたどり、この時代のゆたかな成果を展覧します。

 

REVIEW体験者の声 感想を投稿する

名前
年代
性別
コメント